2004年09月20日

ママはパパの上司

パパが子育てを手伝ってくれない!という話を良く聞きます。
子育てパパの視点でそれを解析していきます。

子育ては仕事と同じです。
しかし、その仕事においてはパパは基本的にママに敵いません。
それは仕方のないことです。
子育てにおいてはママはパパの上司と言っても過言ではないでしょう。
パパは、部下と言っても構いません。
もしパパが優秀な部下でない場合、優秀なママがバリバリ仕事をこなしている姿をどう見ているでしょう?
部下と上司に置き換えて考えてください。
部下から上司に声をかけられますか?
ケースにもよるでしょうが、おそらくほとんどの方は上司に声をかけるのをためらってしまうでしょう。
しかし、仕事が忙しければ手伝いますし、手伝う気がないわけでもありません。

逆にママの方はどうでしょうか?
大抵の方は仕事をバリバリこなせるキャリアウーマンかもしれませんが、上司としての管理能力は低いのではないでしょうか?
例えば、仕事をして欲しい時に、ただ単に仕事をして下さい、としか言わないのではないですか?
そんなにあなたの部下であるパパは優秀なのですか?
1を聞いて10を知り、バリバリ仕事を片付けられるようなスーパー部下なのでしょうか?
違いますよね。
ごく一般的な社員、しかも新入社員と同じクラスです。
ママが上司で新入社員の仕事の面倒を見なければならない場合、上司として命令をあいまいに出しますか?
こと細かに指示を出すでしょう。
だって新人なんですから。

どれをどのようにどういう風にと細かく指示を出さなければ、優秀でない部下は動きませんよ。
部下が優秀でないと嘆く前に、自身が優秀な上司かどうか考えて下さい。
だいたいのパパは新人で優秀でない部下なのですから。
指示は的確に素早く。
子育てと言う仕事においてはママは上司なのです。
もっと偉そうに命令してもいいんです。
ただ、仕事なので指示の内容とその結果には責任を持ちましょう。
それこそが仕事が出来る人ですよ。
パパを動かすのも仕事(子育て)のうち、と思いましょう。
posted by 子育てパパ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育ての話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/636971

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。