2004年09月11日

ハンマー投げのアヌシュ

昔アヌスミラビリスっていう名前の馬がいましたが、それは関係ないのでおいておいて。

ハンマー投げで金メダルを取得し、ドーピング違反で失格したアヌシュ選手。
この人の考えてることがわかりません。
オリンピックで再度のドーピング検査を拒否したら失格になるのはルールで明記されていることであり、
そのルールに違反したからには、金メダル剥奪は当然の処置。
ルールに納得できないなら、参加しなきゃいいのに。
ところがハンガリーの方はアヌシュに同情と言うか同感を得ているようで、全く持って理解できません。
それともハンガリーの大会ではドーピングはOKなんでしょうか?
やはり外国人の感覚は日本人とは違いすぎて理解できませんね。
もしIOCに納得がいかないなら、私なら金メダルは投げつけて返しますけどね。
その上で裁判にします。
それの方が男らしい。
いつまでも返さないのはスポーツマンシップに欠きます。
こんなのが国の英雄で平気なんですか、ハンガリーの国民は?
posted by 子育てパパ at 00:18| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アヌスミラビリス・・・毎日王冠でしたっけ。
変な名前の馬が来てるなぁと思ってたら勝たれてしまって。
それは置いておいて。

玉虫色の決着を狙っているのですかね。
アヌシュ選手本人はあくまでドーピングを認めていない。
尿検査も拒否しましたから。
そんな甘いものじゃないと思うのですけどね。

ハンガリーでも「北朝鮮の五輪報道」のような形で
伝えられているのではないでしょうか。
これはあくまで推測に過ぎませんが。
Posted by 三葉虫是政 at 2004年09月11日 16:01
>アヌシュ選手がメダルを返さないので
>予備のメダルが授与されますが、
>できることなら五輪の会場で授与してほしかった。

私も本当にそう思います。
あの室伏の最後の力投。
あの時は銀メダルでしたが、最後の力強い投てきに
負けても悔しいと言うよりよくやったと言う風に
思ったものです。
できれば表彰台で金メダルを祝って上げたかった・・・
Posted by 子育てパパ at 2004年09月11日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

室伏の代替金メダルを送付
Excerpt: アテネ五輪の陸上男子ハンマー投げで繰り上がり優勝した室伏広治(ミズノ)に対し、国際オリンピック委員会(IOC)が代替の金メダルを発送したことが10日、分かった。
Weblog: 青い空は大嫌いだ水色の空は大好きだ
Tracked: 2004-09-11 15:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。